さねしげ通信

2018.4.26 使用率ランキング
LINEで送る tweetする

バトルCPハンター使用率ランキングと考察(4.23~4.25)

第3回バトルCP結果

バトルCPでのハンター使用率をまとめたランキング。今回は、4月23日〜25日に開催された第3回バトルCPの結果をお届けします。

【ダンジョン/モード】
フェニックス火山/ノーマルバトル

▼バトルCP勝ちたいなら
バトルで“宝箱をGET”するための基本セオリー
開幕からの先行逃げ切りスタイルに勝つ方法

ハンター使用率ランキング

※[ ]は前回比
順位 アイコン ハンター名 使用率
1
[-]
カンカン 14.2%[]
2
[-]

アベル 10.6%[]
3
[-]
イヴァル 8.53%[]
4
[-]
ダイナ 6.91%[]
5
[-]
ズイコウ 6.61%[]
6
[-]
クラマ 6.12%[]
7
[-]
ゾイ 5.58%[]
8
[-]
リンリン 5.33%[]
9
[-]
ロムルス 3.79%[]
10
[-]
ハル 3.42%[]
11
[]
エリアス 3.24%[]
12
[-]
ユゼフ 2.99%[]
13
[]
マリン 2.86%[]
14
[]
コマ 2.77%[]
15
[]
ゾロ 2.42%[]
16
[]
センクウ 2.41%[]
17
[]
アロアロ 2.15%[]
18
[]
ファイザ 2.10%[]
19
[]
ローワン 1.95%[]
20
[-]
ゴーレム 1.33%[]
21
[-]
ハンゾウ 0.88%[]
22
[]
ミンス 0.82%[]
23
[]
レオン 0.68%[]
24
[]
ユン 0.61%[]
25
[]
ロジャー 0.55%[]
26
[]
ラウラ 0.40%[]
27
[]
パメラ 0.37%[]
28
[]
シンゲン 0.25%[]
29
[]
ヴァン 0.09%[]
30
[]
シンド 0.03%[]
31
[-]
キッド 0.01%[]
32
[]
スパルタ 0.008%[]
33
[-]
ガルム 0.001%[]
※ 集計期間:第3回バトルCP(2018年4月23日〜25日)

⇒使用率ランキング記事一覧

考察

フェニックス火山/ノーマルバトルで行われた第3回のバトルCP。NPCのヤミヤミが使用してくる、麻痺の状態異常が厄介なダンジョン。

順位のほうは、トップ10までは前回とまったく同じ結果に。定番の人気ハンターが確立しつつある状況がうかがえる。

麻痺対策として、“麻痺時間半減”を持つクラマやロジャー、状態異常を治療できるローワンの使用率上昇も予想したが、大きな順位変動はなかった。

そんな中、11位(前回15位)に入ったエリアスは、順位・使用率ともに急上昇したハンター。“ブレーキ”に加えて、後方の相手を引き寄せる“チャームキッス”が使えるため、前に出てからの対応力の高さが評価されている理由か。

▲個人的にもメインで使用しているエリアス。ブレーキで最前線から最後尾まで一気に位置を下げられる緊急回避が強力。

ここまでバトルキャンペーン3回分の報酬EXPで、全体的にプレイヤーレベルも上がってきているため、今後はLv.20以降の解放ハンターの使用率が上がってくるだろうか。

(さねしげ)

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。