さねしげ通信

2018.5.25 コラム
LINEで送る tweetする

『トロッコウォーズ』バトルのテンポ大幅アップでどう変わる

5月の大型アップデート

『トロッコウォーズ』のゲーム内“お知らせ”にて、5月のアップデートとしていくつかの項目が告知された。

【実施日時】
2018年5月29日午前1時〜午前6時
(詳細はゲーム内“お知らせ”をチェック)

『トロッコウォーズ』第2弾アップデートおもな変更点まとめ

この中でとくに大きな内容となりそうなのが、

◆バトルのテンポ感の大幅な改善

なるもの。

こちらについて、本実装前に調整バージョンを少しだけプレイすることができたので、今回はその感想やこれまでとの比較などをお届けしていきます。

※注意※
本記事は調整中のゲーム内容をもとに制作したものであり、実際の改修内容と異なる可能性があります。

改善点

ひと言に“テンポの改善”といっても、どこがどう変わるのか?

大きな変更になるのが2点。

  • トロッコ接近速度が大幅アップ
  • クールタイムの短縮

接近速度が大幅アップ

いちばんの改修は、やはりトロッコとトロッコが接近するスピードが大幅にアップしている点。これまでと比べると体感で2倍以上になっている印象を受けた。

▲ジリジリと接近していた従来。

イメージ的には、常に“しめ縄の術”や“お宝マーチ”の加減速に近いくらいのスピードでトロッコ同士が接近すると言えば伝わるだろうか。

とは言っても、交戦時にはこれまでと同様スローモーションが入るし、バトルの根幹の部分はこれまでと同じ。

つまり、『トロッコウォーズ』が持つ攻防の駆け引き、醍醐味は損なわれていない。

クールタイムの短縮

そして、もうひとつ大きな変化が、クールタイムの短縮。

▲コマンド再使用までに要する時間がクールタイム。ユニークコマンドであれば、1バトルで数回しか使えなかった。

トロッコ同士が接近する速度、頻度が増えているため、そのぶん短い時間でコマンドのクールタイムが完了するようになっている。

基本コマンドはもちろん、ユニークコマンドについても同様で、バトルの展開がかなりアグレッシブになった印象だ。

従来クールタイム完了までに約350mほど要していたユニークコマンドが、約150mほどで再使用可能になっていると言えば、その速さはある程度想像できるはず。

アップデートでどう変わる?

1バトルでの交戦回数はおそらくこれまでの倍以上に増えており、単純に宝を奪う機会、奪われる機会が大幅に増加。終始ヒリついた攻防が展開するようになった、というのが第一印象。

感覚で言うと、横スクロールアクションゲームに近いプレイ感。

コマンド入力の頻度が格段に上がり、バトルのアクション性、スピード感は間違いなくアップしている。従来を戦略的とたとえるならば、それ以上に感覚的なバトル。考えるよりも感じろ、そんな戦いを楽しめた。

この速度アップにともなって感じたことが、移動系ユニークコマンドの相対的な弱体化。

▲汎用性が高いダッシュは、現環境主軸のコマンド。

トロッコの接近スピードが上がっているため、ダッシュなどで距離を取ってもすぐに追いつかれてしまう。個人的には現状のダッシュが万能すぎると思っているので、このくらいのバランスのほうがむしろいいのだけど(笑)。

そうなると、これまでのセオリーが通用しなくなる可能性もあるし、同じハンターでも使用感がまるっきり変わってきてもおかしくない。

じつはこのへんも楽しみにしているポイント。

⇒ハンター使用率ランキング

今後の追加内容

さらに、5月のアップデート内容とともに告知されていたのが、今後の追加内容について。

そのまま挙げると、

  • TOPプレイヤーのみが参加できるバトルイベントの追加
  • ギルドvsギルドの団体戦の追加
  • 限定ハンターGETを目指すイベントダンジョン
  • バトルスタンプの追加とカスタマイズ機能の追加

このあたりも気になるところ。

というわけで、注目の第2弾アップデートは間もなく! 期待して待て。

『トロッコウォーズ』第2弾アップデートおもな変更点まとめ

【実施日時】
2018年5月29日午前1時〜午前6時

(さねしげ)

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。