さねしげ通信

2018.6.4 使用率ランキング
LINEで送る tweetする

第7回バトルCPハンター使用率ランキングと考察(フェニックス火山/ノーマル)

リニューアル後初のバトルCP

バトルCPでのハンター使用率をまとめたランキング。今回は、6月1日〜3日に開催された第7回バトルCPの結果をお届けします。

【ダンジョン/モード】
フェニックス火山/ノーマルバトル

▼バトルCP勝ちたいなら
バトルで“宝箱をGET”するための基本セオリー
開幕からの先行逃げ切りスタイルに勝つ方法
ヤミヤミを簡単に対処する方法

ハンター使用率ランキング

※[ ]は前回比
順位 アイコン ハンター名 使用率
1
[-]
カンカン 17.7%[]
2
[]
イヴァル 13.0%[]
3
[]
アベル 11.8%[]
4
[-]
ゾイ 8.12%[]
5
[-]
ダイナ 7.94%[]
6
[]
ズイコウ 4.87%[]
7
[]
リンリン 3.82%[]
8
[]
クラマ 3.18%[]
9
[-]
アロアロ 2.53%[]
10
[]
ローワン 2.18%[]
11
[]
ハル 2.17%[]
12
[]
ユゼフ 2.14%[]
13
[]
マリン 2.06%[]
14
[]
ゾロ 2.05%[]
15
[]
ロムルス 1.97%[]
16
[]
ファイザ 1.89%[]
17
[]
ゴーレム 1.74%[]
18
[]
コマ 1.63%[]
19
[]
センクウ 1.28%[]
20
[]
パメラ 1.02%[]
21
[]
エリアス 1.02%[]
22
[]
レオン 0.79%[]
23
[-]
ミンス 0.76%[]
24
[-]
ロジャー 0.76%[]
25
[]
ルシフ 0.61%[]
26
[]
ユン 0.55%[]
27
[]
キッド 0.44%[]
28
[]
エルナン 0.38%[]
29
[]
ハンゾウ 0.36%[]
30
[]
シンゲン 0.27%[]
31
[]
ラウラ 0.21%[]
32
[]
ディルク 0.19%[]
33
[]
スパルタ 0.17%[]
34
[]
シンド 0.16%[]
35
[]
バレル 0.14%[]
36
[]
ヒルダ 0.04%[]
37
[]
ガルム 0.02%[]
38
[]
トーレス 0.02%[]
39
[]
ヴァン 0.02%[]
※ 集計期間:第7回バトルCP(2018年6月1日〜3日)

⇒使用率ランキング記事一覧

考察

5月のアップデートによるバトルシステムの変更。そして、回数制限制のバトルCPにリニューアルされてから、初めてのハンター使用率ランキング。

3日間、計18戦の総合獲得ポイントでランキングが決まる方式になったため、1戦も落とせない真剣勝負がくり広げられた。

注目の順位は、イヴァルがアベルを超えてついに2位に浮上。そのほかについても、予想通り変動の多い結果となっている。

ランキングに大きく影響したと思われるポイントを個人的に挙げると、以下の2点。

  • クールタイムの短縮
  • バトルリザルトの採点方式

クールタイムの短縮

クールタイムの短縮については、これまでの記事でも触れている通り。

第2弾アップデートおもな変更点まとめ

イヴァルは“不動の構え”を常時展開できるようになり、攻守に強さを発揮している状況。

また、パメラの“みなぎる運命”(15秒間自チームのダメージアップ)も同様で、さらに“パワーの消失”がイヴァル対策として有力。その影響か、前回30位から今回20位と、大きく順位を上げている。

▲“不動”と“咆哮”で後方から迫られる状況を無効化。

バトルリザルトの採点方式

これまでのバトルCPでは、宝を所持してゴールすれば勝利だったが、今回からは通常のノーマルバトルと同じく、“1st”と“MVP”もポイントの対象に。

▲できればパーフェクトを狙いたい。

つまり、宝を持っての後方退避や守備的編成の戦略が取りづらくなったとも言える。

このあたりが、クラマ(6位→8位)やブレーキ持ち全般の順位下げ(センクウ、エリアス、ラウラ)につながっていそう。

回復

上述以外で挙げるならば、回復の強化。

回復は、シールドでの削りダメージや多少の被ダメージをリカバーできるため、交戦頻度が上がった現環境では安定度が増すコマンド。クールタイムが短くなったことも大きい。

今回、ダイナ(5位)がゾイ(4位)に迫るほどポイントを上げているのは、そのあたりの影響もありそうだ。

まとめ

全体で見ると、ある程度は先日の記事で予想していた通り。

環境変化でハンターの評価は変わるのか

気になるハンターとして挙げた4体(レオン、エルナン、シンゲン、ディルク)が、すべて順位を上げているあたりもイイ線ついていた。

状態異常、とくに毒がわりとキツい感じもあり、さらに今回のバトルCPはヤミヤミの麻痺もあったため、対抗策となるローワンの順位も大きく上昇(前回20位→今回10位)。

関連ハンターの今後の順位変動にも注目したいところだ。

(さねしげ)

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。