さねしげ通信

2018.7.12 コラム
LINEで送る tweetする

第3弾アプデで追加された新ハンター6体はどうなのか?

新ハンター6体追加

6月末のアップデートで追加された6体の新ハンター。

まだ本格的に実戦投入されている様子は見えないものの、ここまでのざっくりとした所感をお伝えしたいと思います。

第3弾アップデートおもな変更点まとめ

タウロス、ハクートが人気

まず追加された6体がこちら。

プレイヤーレベルで解放


ハクート

ファリェン

タウロス

たましい交換専用


レザーラ

クララ

パン

上段はプレイヤーレベルで解放、下段がたましい交換専用のハンター。

▲初回追加ハンターに比べて、プレイヤーレベルによる解放条件は緩め。

以下、新ハンターについての印象を具体的に述べると、
()内は第10回バトルCP使用率ランキング順位

タウロス 攻撃型(16位)

ソードブレイカー”の効果説明(前後近距離範囲内の敵のアタックを全て3秒間使用不可能にする)を見た限り、かなりヤバいと思いきや、意外と使い方が難しそう。発動から発生までが速くないため、見てからどうにかしやすいし、どうにもならなくてもシールドで受けきれれば反撃もできる。LSにもつながるので思ってたよりも怖くない。アビリティーの“不調で貫通”は地味に有用。

ハクート 支援型(20位)

見た目のスペックよりも使い勝手がよさそうに感じたハンター。“クイックアサルト”が思ったより汎用性が高く、“癒しの羽”も回復量が即時ヒール系コマンドよりも多く想像以上の性能。ブレイク役としても適任で、チームの安定度が増す印象。

レザーラ 万能型(29位)

継続ダメージの“サラマンダラ”が優秀。1発ずつにヒット判定があるため、鉄壁や不動の効果を剥がせるうえ、毒などと違ってドドメを刺せるのも大きい。ただ、たましい交換ハンターのため育成面で難あり。継続ダメージの威力が攻撃力依存っぽいので、まさに晩成型

ファリェン 支援型(37位)

実戦ではほぼ未見。どちらのユニークコマンドも対象が宝箱持ち限定なのが厳しい。狙いとしては、後半にアビリティーの“追い込みパワー”(ゴールまで200M以内になると、30秒の間自チームが与えるダメージが20%アップ)を生かして宝奪取が理想なのだろうけど、なかなか難しそう。

クララ 支援型(40位)

ほぼ未見。3秒後に麻痺状態にする“痺れ薬”が交戦直前にうまく作用すればなかなか厄介な予感。ただ、“ブレーキ”はほかにも使えるハンターが多いし、集めにくいたましいをぶち込むかと言われると躊躇してしまう性能に思う。

パン 防御型(41位)

ほぼ未見。LS導入で防御型全般の評価が上がっているうえ、吹き飛ばし、HP回復、氷半減と無駄が少なく使いやすそう。ただ、こちらもたましい交換ハンターのため育成面で難あり。同じ防御型でヒール持ちのマリンも優秀なだけに迷いどころ

まとめ

『トロッコウォーズ』のバトルの性質上、“新ハンター=強い”という構図にはなりづらく、明確な理由がなければ最新ハンターにこだわる必要はあまりありません。

そんな中で、やはり特有のコマンドを使えるタウロス、ハクート、レザーラあたりはおもしろいハンター。パンもマリンが育っていなければ、イチからたましい交換で地道に育て上げるのもアリな性能に思います。

今回は実際深く使ってみた感想ではないので、あくまでも参考程度に。

(さねしげ)

新ハンターを動画でチェック!

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。