さねしげ通信

2018.9.5 コラム
LINEで送る tweetする

第4弾アプデでいよいよ解禁“バトルアリーナ”の概要

第4弾アプデ!

かねてより告知されていた、第4弾アップデートが9月5日ついに実施!

その内容として注目ていたのが、やはり“バトルアリーナ”。さっそくその概要を紹介していきたいと思います。

新バトル解禁

バトルアリーナとは、これまでとは異なる新ルールで行われるバトルのこと。

▲ダンジョン選択画面がリニューアル。バトルアリーナが、メインコンテンツのひとつに。

ざっくりと言うと、

  • 相手チームを倒せば勝利
  • 勝ち抜きバトル

の2点が大きなところ。

バトルは原則、自チーム、相手チーム、ヤミヤミ(NPC)の3チームで行われ、自チームか相手チームがダウンした時点で勝敗が決する。(ただし、ヤミヤミが宝箱を所持している場合は、それを奪取するまでバトルは継続)

▲ヤミヤミにやられてしまっても敗北になる。また、ヤミヤミは倒しても何度でも復活する。

もうひとつ大きなルールが、勝ち抜きバトルであること。

1戦目に勝利すると、即座につぎの対戦チームが乱入してきて、2戦目がスタートする。

▲“対戦相手が接近中…”。

▲次戦開始時に最大HPの半分が回復。乱入待機時間でコマンドクールタイムも少々経過する。

連戦は自身の所属クラスによって定められた連勝数に到達(または自チームが敗戦)するまで続き、見事勝ち抜くことができれば最大報酬が獲得できる仕組み。

▲勝利数に応じて、“アリーナメダル”やクラスを上げるための“アリーナP”などを獲得できる。

クラスについて

クラスには、ルーキー(1~3)/ブロンズ(1~3)/シルバー(1~3)/ゴールド(1~3)の12クラスが存在。バトルに勝利して、“アリーナP”を増やすことでクラスアップしていく。

▲クラスが上がるほど、シーズン終了時の獲得報酬がアップ!

バトルに敗北するとアリーナPは減少し、クラスダウンもあり(例:ブロンズ2→ブロンズ3)。ただし、シルバーからブロンズなどといった、大クラスのクラスダウンはしない。

アリーナメダルについて

バトルアリーナで入手できる“アリーナメダル”は、集めることで限定ハンターと交換できる。

▲今回のアップデートで加わった新ハンター3体。1体につきアリーナメダル10枚で交換可能。

アリーナメダルの入手方法は、おもに

  • 勝ち抜きバトルの勝利報酬
  • 初回のクラスアップ報酬
  • アリーナのシーズン終了時報酬

あたり。

アリーナの1シーズンは約1ヵ月間あり、そこでアリーナメダルを集めつつ、クラスアップを目指していく流れ。ランキング報酬もあるため、勝利を重ねてアリーナPを増やしていくことが重要になりそうだ。

“ひとりでバトル”の追加

このバトルアリーナでは、

  • ひとりでバトル
  • みんなでバトル

のどちらかを選択可能。また、参加はスタミナ制になっている。

▲画面下部。どちらかでバトルをスタート。

ひとりでバトルでは、自分も相手も必ずNPCと組んで戦うモード。ソロプレイでも気軽に参加できる。

また、これにともなって、NPCハンターがユニークコマンドを使用するようになったこともポイント。

▲NPCハンターとの連携も大事に?

みんなでバトルは、従来と同じタッグバトル。こちらもアツい戦いが楽しめそうだ。

まとめ

というわけで、今回は新たに実装される“バトルアリーナ”の概要をざっくりとお届けいたしました。

ノーマルバトルと決定的に異なるのが、どんな展開であれ相手を倒せばいいという点。ヤミヤミをひたすら押し付けて削らせてもいいし、ヒットアンドアウェイで時間をかけてもいい。もちろん先手必勝でゴリゴリに攻めてもいい。

ただ、トロッコのHPが通常よりも多くなっているので、ワンチャンスだけでダウンを奪うのは相当な火力がないと無理っぽい。

とにかく、ハンター選択の幅はかなり広がりそうな予感。

▲新ハンターの追加も楽しみな要素。

そんな中でもHP回復のありがたみはとくに感じたところ。マリンやダイナの回復コマンドだけでなく、アビリティーを生かしたHP回復も重宝しそう。

▲ゾロの“KOで回復”やディルクの“ブレイクヒール”なども頼れる能力。

▼全ハンターをチェック!
全ハンター一覧

しばらくはハンター編成の試行錯誤が続きそうですね!

(さねしげ)

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。