さねしげ通信

2018.3.1 コラム
LINEで送る tweetする

アソビズム最新作『LINE トロッコウォーズ』の配信が間もなくらしい

『ドラポ』『城ドラ』に続く新作

アソビズムの最新作『LINE トロッコウォーズ』の配信が目前に迫っているという情報を手に入れた。

ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』と、現役人気アプリを配信する同社の新作だけに、待望していた人も多いはず。

かく言う僕も、そうである。

なにせ、『ドラポ』、『城ドラ』に関しては、どちらも配信初日からプレイし続け、攻略記事のライティングや動画の配信、書籍の制作まで行ってきた経緯がある。

歳月で言うならば5年近く。アソビズムのタイトルを『ドラポ』では“ドラポ部部長”として、『城ドラ』では“さねしげ”として、数多の情報を伝えてきた自負もある。そして、いよいよ最新作のリリースとあれば、何か自分から発信せねばという使命感すら感じている。

というわけで、始まったのがこの“さね通”。ここで『トロッコウォーズ』に関するいろいろな情報をお届けしていこうと思います。

ゲーム概要

まず最初にお伝えしておきたいのが、「どんなゲームなのか」ということ。

銘打たれたジャンル名で言うと、“リアルタイム争奪バトル”。

そして、タイトル名に『トロッコウォーズ』とある通り、要するにトロッコに乗ってリアルタイムで戦うゲームと思ってもらえればいい。

▲先行して公開されていたPVからもその様子がイメージできる。

同時に戦うのは最大3チーム(3台のトロッコ)。1台のトロッコに4体のキャラが乗り込み、ひとつしかないお宝を奪い合うことになる。

▲本作では、彼らのことを「ハンター」と呼ぶ。

このうちプレイヤーはひとりで2キャラの操作を担当。つまり、最大6人が参加するマルチバトルが展開するのである。

▲実際のバトル画面。3台のトロッコが並走して戦っている。

配信前の現段階で細々と説明してもおそらくほとんど伝わらないと思うので、ひとつ率直に言わせてもらうと、

だいぶ、おもしろい

バトル中に幾度も発生する駆け引きや読み合い、その結果起きるお宝の争奪。

1バトルのわずか3分程度のあいだに、「うわあああああ!」とか「いけるいける!」とか「よっしゃあ!」とか、そういった類の声が自然と出てきてしまうような、感情が昂ぶるゲームになっているのである。

プレイに求められるのは、状況判断と駆け引きのタイミング。バトルでの“やったやられた”、“逆転劇”で、これほど純粋にアツくなれるスマホゲームはこれまで体験したことがない。

事前登録がスタート

そんなアソビズムの最新作『トロッコウォーズ』の配信が間もなく!(?) のようで、事前登録もスタートしている。

【事前登録期間】
2018年3月1日 (木) ~ サービス配信開始まで

【事前登録方法】
登録方法は、下記3つの中からいずれかの公式アカウントをフォローするだけ。

LINE公式アカウントを友だち追加する
公式Twitterアカウントをフォローする
公式YouTubeチャンネルをチャンネル登録する

もっと詳しく知りたい人は“お知らせ”を見てね。

ということで、次回からはプレイ感についてもう少し突っ込んだ話をしていきたいと思っています。

(さねしげ)

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。