さねしげ通信

2018.4.13 攻略
LINEで送る tweetする

バトルで“宝箱をGET”するための基本セオリー

バトルキャンペーン開催!

『トロッコウォーズ』初めてのバトルイベントとなる、“第1回バトルキャンペーン”(以下、バトルCP)がスタート!

いよいよ争奪バトルが本格的に動き出した。

バトルキャンペーン

【開催期間】
4月11日16時〜4月15日23時
(※詳細はお知らせをチェック)

このバトルCP。これまでプレイしてきたノーマルバトルとの大きな違いが、

  • 宝箱を所持してゴールしたチームが勝利

となる点。

通常ならば、“宝箱GET”、“1st”、“MVP”の3つの判定があるが、バトルCPでは“宝箱GET”のみしか判定がない。つまり、宝箱を持ったものが勝者、それ以外は敗者、というはっきりとした勝敗が決められるわけだ。

WIN

▲宝箱を持ってゴールすればWIN!

細かいルールや報酬などはゲーム内の項目をチェックしていただくとして、今回はバトルで宝箱をGETするためのセオリーについて解説していきます。

基本セオリー

“宝箱GET”の称号を狙ううえで考えたいのが、

  • いつ奪うのか
  • どこで奪うのか
  • どう奪うのか
  • どう守るのか

このあたりがわかっているのといないのでは、戦い方は随分変わってくる。

それぞれすべてを説明しようとすると論文になりそうなので、ここではバトルにおける基本セオリーに絞って話を進めていく。

重要なのは“位置取り”

宝箱を奪うためのに何より重要となるのが“位置取り”。

いくら高い攻撃力や優秀なユニークコマンドを持っていようとも、トドメの一撃を入れられなければ宝箱は奪えない。

わかりやすい例を挙げると、

アタック

▲こんな状況。

ここで後方位置の相手にアタックを仕掛けたところで、攻撃がヒットしても倒しきれずに相手は減速して最後方に流れてしまう。

それだけでなく、削るだけ削ってほかのチームに宝箱を持っていかれる、なんて展開はプレイしていれば経験したことがあるはず。

何が言いたいのかというと、その“おいしいところ”を持っていかれる側ではなく、持っていく側になるような立ち回りを心がけるべきということ。

奪いやすいポジション

では、どの位置にいればフィニッシュを決められる可能性が高いのか。

これについては、宝箱持ちのチームの後方に位置取るのが基本。大きな理由は、攻撃がヒットした相手が減速しても追撃を叩き込めるから。

おこぼれ

▲後方なら、おこぼれが落ちてくる可能性もある。

逆に、前方から後方に対しての攻撃は瞬間火力を出しづらいと思っておいていい。

奪われやすいポジション

つぎに、宝箱を奪われやすいポジションについても触れておこう。

トロッコ3台の並びで基本になるのが、

▲こんな形。先頭、真ん中、最後尾。

宝箱所持時の奪われやすさで言うと、

  • 真ん中>>>最後尾>先頭

個人的にはこんな印象。また、宝箱持ちチームは上と下から挟まれる格好になるため、アタックやブレイクが上側か下側の相手にしか当たらない点も不利。

それぞれのポジションについて簡単に説明しておくと、

先頭

相手からの攻撃を凌ぎやすいポジション。ただし、一度崩されると後続2台のトロッコから総攻撃を受けるリスクあり。

真ん中

問答無用で危険なポジション。前後からプレッシャーを受けるため、そのすべてを防ぎ切るのは相当難しい。

最後尾

総攻撃を受けるリスクが低く比較的有利なポジション。一方で、もっとも危険な中央位置へ移行しやすい。

このあたりを踏まえつつ、戦況に合わせて自チームの位置取りをコントロールしていくのがバトルのセオリーとなる。

ポジション取りのコツ

では、具体的にどうするのか。

これに関しては、それっぽいユニークコマンドを使うのが手っ取り早くはある。

掌底波

▲相手を前方に吹き飛ばす“掌底波”。

こういうのね。

ただ、こうした効果を持つコマンドは限られるし、頻繁に使えるものでもない。

今回伝えたいことの根本はそこではない。

たとえば、こんなケース。

▲宝箱持ちが後方にいて、自チームが真ん中。

この状況で「先頭チームにアタックを仕掛けたらどうなるか?」というあたりを考えていないプレイヤーは思いの外多い。

▲攻撃がヒットすると相手が減速してしまう。

こうなると、自チームよりも先に相手チームに宝箱を奪われてしまう可能性が一気に高まる。つまり、結果的に相手チームの手助けをする形になってしまうのである。

逆に、もしここで相手チームがアタックを仕掛けてきたとすれば、シールドで受ける必要すらない。その減速を利用して後方のヤミヤミに総攻撃を仕掛けられる。

おまけに、宝箱を奪ってしまえばHPは50%回復。食らったダメージも十分リカバーできる。

▲宝箱奪取時のHP回復を計算するのも大事。

まとめ

残りの距離数やHP、クールタイムの状況などで、取るべき行動はもちろん変わってくる。ただ、今回挙げたような基本的なセオリーを意識して戦うと、またひとつ面白味が増してくる。

最後にもうひとつ挙げておくと、

  • 自チームだけで奪えそうにないなら、ほかのチームを利用する

これもかなり大事。

説明したいことが多すぎてまとまらないので、今回はこのへんで!

▼バトルCP勝ちたいなら
開幕からの先行逃げ切りスタイルに勝つ方法

(さねしげ)

さね通TOp
記事検索
カテゴリー一覧
プロフィール
さねしげ さねしげ twitter
アソビズムが配信する『ドラゴンポーカー』、『城とドラゴン』の攻略記事連載や動画配信などを行う記者。“レッドマローン”をトレードマークに“ドラポ部部長”のHNで活動していた期間も長い。